〈インターグ×Google共同作業〉インターグはExperiment with Google Adsの実績が評価され、Googleに事例紹介されました

引用元:PhotoMIX-CompanyによるPixabayからの画像

このたび、インターグはExperiment with Google Adsというフレームワークを用いた広告運用の成果が評価され、Googleに事例紹介されるまでに至りました。この記事では、その概要を紹介していきます。

Experiment with Google Adsとは

Experiment with Google Adsとは、Googleと共同で配信戦略を練り、新しい広告配信施策の実施を支援してもらうフレームワークのことを指します。

Google広告の担当者と密な連携を取りながら、広告運用の成果向上を目指し、共同で施策の実施を進めていくという取り組みです。

下記は、公式サイトから引用した「Experiment with Google」の方針を示した箇所になります。

Ever-changing consumer trends and behaviors mean that there’s no one-size-fits-all strategy when it comes to marketing. That’s why we created Experiment with Google Ads. Our ads experts help brands embark on a proven, relatively low-risk journey of testing and learning before scaling the most effective and impactful marketing strategies.

引用元:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/en-apac/collections/success-stories/experiment-google-ads/

インターグが行った取り組み

このたびインターグは、Googleから日頃の広告運用の取り組みを評価され、Experiment with Google Adsで連携するまでに至りました。

Experiment with Google Adsの取り組みは、Google広告で実績があると認められた、限られた企業のみが実施対象となります。インターグはこの対象として、共同で取り組むに値すると判断されたといえます。

インターグは対象の広告アカウントに対し、Googleの担当者と数か月に渡って密に連携を取り、共同で戦略を立てながらプロジェクトを推進しました。

具体的には、打ち合わせを重ねて、課題を抽出し、プロダクトを試行、効果検証して改善するという流れで課題の解消を目指しました。

取り組みの成果が評価され、事例として紹介されるまでに

今回の取り組みで、インターグはGoogle広告の最新プロダクトを利用し、アカウント管理の工数を減らしたり、広告配信の効率を今まで以上に高めたりすることができました。ROASなど、数値上でも明確な改善が見られました。

これらの成果が評価され、Experiment with Googleにおけるインターグの事例は、Google社内外で紹介されるようにまでなったのです。以下は、今回の事例の紹介にて、Googleで実際に使用されている資料となります。


このようにインターグは、最新の広告プロダクトも積極的に取り入れながら、会社として広告運用の様々なノウハウを蓄積してきた実績があります。

WEB広告の運用に関してお悩みやご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

広告運用のお問い合わせはこちら

この記事の筆者

Kiyota

ライター、SEO担当

著者のブログをもっと読む
この記事をシェアする
Twitter Facebook