家賃補助制度「2駅ルール」のご紹介

賃貸物件_イメージ
Photo MixによるPixabayからの画像

「2駅ルール」ってなに?

家賃補助は会社から2駅圏内、月3万円まで

弊社には「2駅ルール」なる家賃補助制度があります。

弊社の最寄り駅から2駅圏内のエリアに住んでいる社員は、月3万円の家賃補助を受けられるというありがたい制度です。

「2駅ルールの対象地区」は、社内規則で明確に決められています。
弊社への応募を考えられていて詳細が知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

もちろん利用してもしなくてもOK

「なぜ2駅圏内限定なんですか?」という疑問にお答えしますと、通勤の負担を減らし、社員がより業務に集中できるようにするためです。
社内文書にそう書いてあったのでコピペしてみました。

「じゃあ2駅圏内に住まないと業務に集中できない=評価が下がるってことですか?どうなんですか?」
という強めなツッコミにもお答えしますと、まったくそんなことはありません。

実際、社員のなかで家賃補助制度を利用されている方のほうが少数派なくらいです。
皆さん、ご自分のライフスタイルに合わせて、お好きな場所から通勤されています。
家賃補助に関しては、2駅圏内に住みたい方にとってラッキーな制度、くらいに思ってもらえればよいかと思います。(ちなみに交通費は全額支給です。)

東京の街並み_イメージ
cherubim1111によるPixabayからの画像

家賃補助のおかげで港区民になれました!(20代後半 男性)

かくいう私も「2駅ルール」の家賃補助制度を利用している一人です。
転職で上京してくる際、会社に近い方がいいと物件を探し始めたのですが……。

入社時の弊社の最寄り駅は六本木。※現在は東京都港区赤坂に移転済み。
そこから2駅圏内だと、一人暮らしの家賃相場は13~15万円ほど
家賃補助がなければ、とてもじゃないけど手が出せないレベルです。

新居探しは難航し、いい条件の部屋を見つけても、不動産会社の方から「もう決まっちゃってますね」と言われること数回……。

今住んでいる部屋も申し込みがバッティングして、一日遅ければ間に合っていなかったかも、という駆け込み契約でした……。
都内のお部屋探しはスピード感も重要みたいです。

間取り図_イメージ
ElasticComputeFarmによるPixabayからの画像

おわりに

というわけで、弊社「2駅ルール」について、実体験を交えてご紹介させて頂きました。

家賃補助を利用するもよし、
利用せずにお気に入りのあの駅から通うもよし、

弊社に入社のあかつきには、ご希望にあわせてお住まいを決めてもらえればよいかと思います。

家賃補助を利用したい方はぜひ参考にしてください!
以上、 弊社2駅圏内の自室からリモートワークでお届けしました。

👉 その他、弊社の福利厚生・社内制度についてのご紹介はこちらの記事から

▼ 全額補助!インターグのランチ制度をご紹介します
▼ 「ベネフィット・ステーション」でできること。社員なら誰でも使える福利厚生サービス
▼ 【インターグの日常】ドリンクサービスと水分補給とSAVASの話

この記事の筆者

kiyota

  • kiyota
  • ライター。映画と本。