インターグでは、新しくフリーアドレス (ワークスペースの自由選択制) を導入しました

会社紹介

フリーアドレス

席次を固定アドレスからフリーアドレスへ

弊社では、先日からオフィス席のフリーアドレスを導入しています。

フリーアドレスとは、いわば図書館のような座席システムです。業務デスクを個人用に確保せず、オフィスの共有スペースの好きな場所で働けます。

カフェでノートパソコンやタブレットを片手に作業しているようなイメージがわかりやすいかもしれませんね。

非常にありがたいことに、インターグでは一緒に働くメンバーが着実に増えてきている一方、オフィス執務エリアの席が足りなくなってきました。そこで、このタイミングに合わせて、フリーアドレスのメリットを享受できるような業務スタイルに移行した次第です。

個人BOX
フリーアドレス導入にともない、荷物用の個人BOXが設置されました

インターグでは、コロナ禍に応じてリモートワークを中心とした自由出社制を取っており、自然な流れとしてフリーアドレスを選択することができました。

執務エリア
インターグオフィス – 執務エリア

この機会に、フリーアドレスにすると助かることや困ることはあるのか、それはどんなことなのか、まとめてみたのでご紹介していきます。

フリーアドレスのメリット・デメリット

フリーアドレスにはいろいろなメリットとデメリットがあるようです。導入事例を参考に以下にまとめてみました。

メリット

  • 省スペース・スペースコスト削減に繋がる
  • 特定のメンバー以外とのコミュニケーション機会が増える
  • グループワークや情報共有が行いやすくなり生産性が向上する
  • 働く場所を選べる自由度が作業効率アップにつながる・社員満足度を高める
  • ソーシャルディスタンスが保てる
  • 私物をデスク周りに置けないためオフィスが整理整頓されやすい

フリーアドレスを導入する目的として設定されることが多いのは「スペースコスト削減」「コミュニケ-ション機会の増加」「生産性・効率性の向上」の3つです。

特にこのコロナ禍において、リモートワークとフリースペースは相互に有効活用できるワークスタイルと言えるでしょう。

コスト削減はもとより、ソーシャルディスタンスを保つことも、業務に適したスペースを自由に使用することも簡単になります。

もっとも、注意したいのは、これらのメリットをどれだけ享受できるかは、会社の体制や業務形態によって異なり、一概には言えないということです。フリーアドレス導入には、目的から遠のいた失敗事例も少なくないのはそのためです。

フリーアドレスにすれば必ずより良い仕事環境になる、のではなく、適した職場で適した運用がされればプラスを生み出せる、と考えるべきでしょう。

デメリット

  • 一人で集中して作業したいときに落ち着かない、集中しにくい
  • ルールが浸透しないと結局固定の席になりがち
  • 個人々々のマネジメントや進捗把握がしづらい

デメリットを挙げると上記のような内容が考えられます。

集中しづらい、人によっては距離感を保ちづらいといった点に関しては、たとえば個人作業用のスペースを設けるなどすれば対処することはできそうです。

弊社でもセミナールームなどがあって、固定アドレスのときから個人で作業したい人はそこに移動していました。

インターグオフィス - セミナールーム
インターグ_セミナールーム

他にも、同じチームや部署で固まっていた方が情報共有しやすいといった、フリーアドレスのメリットの裏返しとなるデメリットはあります。結局は一長一短ということですね。

くり返しになりますが、フリーアドレスをうまく活用できるかどうかは、業種や部署ごとに適宜検討する必要がありそうです。

フリーアドレスはよりよい働き方への一つの手段

最後に、事例紹介の面白い記事があったのでご紹介します。
結論はフリーアドレスに否定的な方向になっていますが (笑)

実際にフリーアドレスを試験導入して、どういった効果があったのか、あるいはなかったのか、検証した事例などがまとめられています。

目的は違えど、重要なのは「いかに働きやすい環境をつくるか」だと思います。

フリーアドレス導入するかどうかも含め、どんな会社がどんな条件でフリーアドレスを導入すると効果的なのか、を考える手立てにして頂ければ幸いです。あくまでフリーアドレスは目的ではなく、一つの手段ということですね。

弊社でも今度フリーアドレスでどのような運用になっていくのか、実際に見ていきたいと思います。

以上、とはいえ最近はほとんどリモートワークで出社していないWebライターがお届けしました。

kiyota

この記事の筆者

kiyota

ライター。本と映画。

関連記事